新型コロナと墓じまい

新型コロナと墓じまい

新型コロナの影響は飲食業や旅行業のみならずサービス業や小売業などのあらゆる方面で壊滅的な打撃を与えていますが、散骨や墓じまいなどにも影響が出ています。

新型コロナの動向と墓じまい

後継者の居ない方にとっての墓じまいは、今すぐにしなくても構わないけれど、必ずいつかはしないといけないことですから、問題はいつ行うかということです。

今のように非常事態宣言が出ている有事ですと、この状況が落ち着いてからというように誰もが考えます。

しかし去年の今頃に新型コロナが落ち着いてから始めようと思っていた人でも未だに始めることが出来ない状況が続いています。

ワクチンの接種が急がれていますが、それでも新型コロナが本当に落ち着くにはあと数年かかるとも言われていますし、世界的に安心できるのは相当先になってしまいます。

墓じまいは屋外で行うことですし、施主の人が立ち会うのは墓じまい初日のお祓いと遺骨の取り出しを兼ねた最後のお墓参りの日だけになりますので、三密になるようなことはありません。

もし予定されているのであれば予定通りで問題ありませんし、高齢者の方の参加が気になるのであれば、参加出来る人だけでも構いません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ