せめて戒名だけでも

戒名だけでも

近年では葬儀の簡略化が進み、大きな会場を使って大人数で行う葬儀はあまり行われなくなり、特に新型コロナが蔓延してからは大人数での会合や会食が禁止され、社会的距離を保つことが求められていますので、小人数での家族葬や葬儀を全く行わない直葬と呼ばれる、病院から火葬場に直行する方法が増えてきました。

直葬ではお葬式を全くしませんので、ある意味亡き人とのお別れがゆっくり出来るのですが、火葬が済んで遺骨になってしまった故人を目の前にしたら、もっと何かして差し上げるべきだったのかなと後悔することもあるのです。

葬儀が済んでからでも大丈夫です…高野山真言宗やすらか庵の戒名付き位牌

そんな時に戒名をつけて差し上げることが亡き人にとっての良き供養になるのです。

高野山真言宗やすらか庵では「戒名授与、位牌作成、開眼供養、送料込みで3万円」という便利なとくべつきかくがあり、3万円の御布施で戒名授与から位牌の作成まで、更には開眼供養をして宅配便で送ってくれる所までしてくれて3万円なのですから、亡き人に喜んで頂いて、尚且つ亡き人の供養が出来るようになるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ