広島の正法寺で人形供養

人形供養

広島県福山市鞆町の「正法寺」では3月3日に全国から集められた雛人形やぬいぐるみなどおよそ200体を人形供養しました。

人形供養「思い出や愛着の詰まった人形に感謝」 福山市鞆町

全ての物に命があるという仏教の教えに従って毎年3月3日ひな祭りの時に行われている行事だそうです。

ひな人形は女の子の健やかな成長を願って飾られて、嫁の実家から祝い品として贈る風習がありましたが、近年では家同士の付き合いが薄れてきたことや、マンションなどの部屋に飾るスペースが無いことから少なくなってきています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ