三途の川の渡り方

三途の川の渡り方

三途の川は私達が死後の世界に渡るべき川だと言われていて、生前中の行いに応じて三本の道があり、善良な人は橋を渡ることが出来て、普通の行いの人は浅瀬を渡り、極悪非道の人は激流の深瀬を泳いで渡ることになるそうです。

今生きている時に知っておくべきこと…三途の川の安全な渡り方

私達の死後の世界には仏教の基本である自業自得の原理が適用されて、自分が過去に犯した罪の償いは自分でするしかないと言われていますが、供養と言うものは自分の肉親や家族にも届ける事が出来るそうです。

法事などの供養が必要なのはこのためであり、死後のことを考えれば、出来るだけ今の内に良い行いをしておくべきなのです。

必ず渡るようになる三途の川の渡り方に、安全な渡り方があるとしたら、今の内に知っておくべきです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ